和食からの大豆ペプチドとゼニカルでダイエット

2019年07月26日
体重に悩んでいる男性

大豆は豆類の中でもたんぱく質の含有量が多い事や、アミノ酸の組み合わせが動物性たんぱく質に似ている事から、「畑の肉」という呼称もあります。

和食にも昔から使われてきた食材で、女性ホルモンを整えたり、ダイエットや美容に使えるなど、優秀な食材です。
大豆に含まれている大豆ペプチドには、基礎代謝をアップさせて体脂肪を減少させる力があります。

和食とゼニカルを組み合わせてダイエットするならば、ゼニカルで脂肪からの摂取カロリーを減らしながら、大豆ペプチドの力で脂肪を燃焼させやすい体を作っていくと良いでしょう。

ゼニカルは和食だけではなく洋食や中華など高脂肪の食事でも、カロリーコントロールを行いやすくさせてくれます。
ただ、短期間で痩せたい、確実に体重を落としたいのならば、和食を中心にしてみると良いでしょう。

たまに高脂肪の食事を摂ってしまった時にはゼニカルを使って罪悪感を払拭し、あとは和食でヘルシーな食生活を身につけるというやり方です。

また、大豆ペプチドには糖質の代謝を促進して疲労回復を早める効果もあります。

そもそも大豆ペプチドとは、たんぱく質とアミノ酸の中間にあたる物質で、たんぱく質が酵素に分解される事で生成されます。
アミノ酸よりも体への吸収率が高いというメリットもあります。

健康的なダイエットのポイントは、筋肉を落とさずに脂肪を落とす事です。
ゼニカルで脂肪の摂取量を減らし、大豆製品から筋肉のもとを取り入れれば、痩せやすく太りにくい体を作る事が出来ます。

最近では日本以外でも和食がブームになっており、栄養価の高さやヘルシーさが評価されています。
日本人の口に合う食事なので、ダイエットにも活かしやすいでしょう。