ダイエットにはゼニカルとおからをおやつに

2019年11月03日

ゼニカルとはスイスの製薬会社で開発され、アメリカで肥満治療薬として認められている正規の医薬品です。
オルリスタットとも言われています。
具体的には、脂肪分の吸収を抑制し、食事で摂取したものを外に排出する薬です。
日本でも人気がありますが、製造承認はされていないので、信頼のできる通販サイト等から購入するか、病院で処方してもらう必要があります。
脂質と糖質を一緒に摂ると体に脂肪がつきやすくなり太りやすくなると言われています。
ですが、ゼニカルの効果は脂肪を体内に蓄積させる酵素の働きを邪阻害し、摂取した脂分の30%を体外へ排出するので、カロリーを制限することができます。

ゼニカルは若干の副作用はありますが、重篤になるケースはなく安全性も高いです。
ですが本来脂とともに吸収されるはずのビタミンも吸収されなくなってしまいますので、食事には注意が必要となります。

どちらかというと体型の維持や数キロ痩せたい人に向いている薬品なのですが、効率よく痩せるためには、おやつにおからを食べることをおすすめします。
ダイエットをしている間はおやつについダイエット食品を使いがちになりますが、おからを摂取したほうが健康的です。
おからには必要な栄養素が含まれているほか、低カロリーでヘルシーな食べ物で、満腹感もあります。
ゼニカルを服用している間はおからをおやつにするのが向いています。

また、ゼニカルを使用しているかたで脂肪をよく摂る人の中には、思った以上の効果があったという声もあるようです。
消化されない脂肪が排出されますので、お腹がゆるくなることもあると言われています。
ゼニカルは、痩せる薬というよりは、食べてもこれ以上は太らない薬とされています。